スポンサードリンク

2007年09月28日

iPodの使い方のヒント

ipodを使用するには、基本的にPCが必要となります。

ipodは音楽CDなどをPC上で圧縮してからデータを取り込む方法しか音楽をダウンロードすることができないためです。
また、1台のPCで複数のipodを使い分けるというのは可能ですが、著作権の問題により、複数のPCから1台のipodにデータを取り込むことができません。

もし、それ以外のPCとデータをやり取りしてしまうと、ipodに入っているデータが全て消去されてしまいます。
そのため、ネットカフェなどを利用して音楽を取り込むというのも、難しくなっています。

家族共有のパソコンから個人のipodに取り込みすることを考えて欲しいですね。

必要とされるパソコンの環境ですが、windowsでしたらWindows XP SP2またはWindows 2000 SP4、MacでしたらMac OSX(v10.1.5以降)のOSが動作するものが必要となります。
PCとipodを接続するには、USB2.0かFireWire(IEEE1394 または iLink )コネクタが必要となります。

また、音楽をipodに取り込む場合は、itunesというソフトが必要になります。
Windows98SE/Meの場合でしたら、iTunesの代わりに、 「XPlay2」 というソフトでipodを操作することもできますが、高速さや高機能さという点ではitunesはかないません。
このitunesはアップル社で開発されたメディアプレーヤーで音楽や動画の取り込みなどの管理ができます。

ipodの中身をPCに移したいという場合もあるかと思いますが、ituneは不正コピー防止のため、ipodからPCへ音楽を戻すという機能がありません。 不正防止は正しく使う利用者には不便な機能です。

PCをリカバリするなど、どうしても戻したいという場合は、ネット上にそういったソフトがありますので、そちらを利用する必要がでてきます。

パソコンさえあれば、他に必要とされる基本的なものはipodに付属されていますので、大丈夫です。

ipodの説明書は必要最低限のことしか書いてないため、わかりにくいといです。
ですが思いつくままに操作していると、いろいろな発見もありますので、とりあえずはipodに触ってみると言うことが大切なのかもしれません。
posted by iPod生活 at 05:06| iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。